敏感肌のファンデーション選びのポイントは【成分】

・敏感肌用の化粧品を使ったのに荒れてしまった・低刺激と書いてあるのに、塗ったら肌が赤くなった

こんな経験はありませんか?なぜこんなことになるかというと、敏感肌用でも、刺激のある成分が含まれていることがよくあるからです。敏感肌用・低刺激などの表記に惑わされずに、成分を自分で確かめるのが大切です。でも、どんな成分のものを選べばいいのでしょうか?

添加物が入っていないもの

タルク、オイル、シリコン、香料、着色料、合成界面活性剤、その他化学成分などは、肌に刺激を与え、肌荒れやニキビなどの原因となります。このような刺激の原因となる成分が入っているものは避けたほうがいいでしょう。

クレンジングがいらないもの

いくら低刺激のファンデーションを使っていても、クレンジングが肌の刺激となることがあります。クレンジングで、肌に必要な油分や水分を奪ってしまっていることも多いのです。クレンジング不要のものを使うだけで、肌の調子が良くなることもよくあります。

日本人向けに開発されたもの

外国人の肌と日本人の肌は、質が違います。外国人向けのものは、色がなじみにくいほかにも、肌が乾燥しすぎたりして、肌のバリア機能を低下させてしまっていることもあります。日本人向けのものを使ったほうが、肌にも合うし、なじみやすいです。

オンリーミネラル

あてはまるものを探すと、大抵がミネラルファンデーションです。

ミネラルファンデーションも、たくさんのメーカーから出ているので、どれがいいかわからないと思います。

・ミネラル100%、もしくはミネラル純度の高いもの

・付属のブラシがある場合、チクチクしないもの

この二つを満たすものを選ぶと、敏感肌でも安心して使えますよ。

当サイトは、純度の高いミネラルファンデーションのみを厳選し、成分、カバー力、コストパフォーマンス、崩れにくさ、UVカット指数を採点し、敏感肌にお勧めのファンデーションをランキング形式で紹介しています。

敏感肌用ファンデーションランキング

王冠 オンリーミネラル

オンリーミネラル

最低限の成分だけで作られたファンデーション。肌が弱くても安心!

 総合評価   口コミ[8件]   ニキビ肌向け

オンリーミネラルは、余分なものを徹底的にカットして、必要最低限のミネラルだけで作ったファンデーションで、ミネラル100%です。肌荒れ中でもニキビが出来ていても安心して使えます。使いやすさが人気で、国内売り上げナンバーワンになりました。カラーバリエーションも18色と豊富で、ツヤ肌、マット肌どちらの展開もあります

こちら

王冠 ミネラルパウダリーファンデーション
ミネラルパウダリーファンデーション

ケミカルファンデに負けないカバー力。持ち運びにも便利

 総合評価   口コミ[9件]   コスパNo.1

17種類の美容成分が入った、ミネラルパウダリーファンデーションは、ミネラルファンデーションでは珍しいプレストタイプで、持ち運びにも便利です。さっと塗るだけで、毛穴、しみ、そばかすをきれいに隠してくれます。そのカバー力はケミカルファンデーションに劣りません。メイクしている間もスキンケアが出来る優れものです。

こちら

王冠 レイチェルワイン
レイチェルワイン

皮脂に強いファンデーション。オイリー肌にぴったり!

 総合評価   口コミ[8件]   オイリー肌向け

皮脂を吸い取って、皮脂とくっつくことで肌に密着するファンデーションです。だから、脂性肌にぴったりですし、汗をかいても崩れません。スポーツをする方にも良いですよ。ブラシは、ファンデーションとの相性にこだわって作られていて、すごく人気があります。このブラシ欲しさに、トライアルセットを購入する人もいるくらいです。

こちら

王冠 エトヴォス
エトヴォス

毛穴をきれいにカバー。日本製で肌になじみやすい

 総合評価   口コミ[8件]   素肌美人になれる

ミネラルファンデーションでは珍しい、下地が別のファンデーションです。下地が肌質で別れていて、皮脂をコントロールしてくれます。少しカバー力が弱いのですが、毛穴をきれいにカバーしてくれるので、自然でつるんとした、毛穴レスのきれいな素肌に見せてくれます。日本製なので品質も安心です。肌へのやさしさと、信頼性から美容外科でも採用されています。

こちら

王冠 メイベリン ミネラルファンデーション
メイベリン"

どこでも手に入るミネラルファンデ。プチプラで手が届きやすい

 総合評価   口コミ[7件]   どこでも買える

スーパーやドラッグストアでも買えるメイベリンのミネラルファンデーションは、ミネラル100%です。ですが、付属のファンデーションがヤギ毛なのでチクチクするという声も・・・それとちょっと厚ぼったく付いてしまいます。他のミネラルファンデと比べると、ずいぶん安いので、そのあたりが割り切れるならありかと思います。

こちら

ポイントで選ぶ!敏感肌用ファンデーション

成分を比較して選ぶ

敏感肌ならやはり気になるのは成分。5つのファンデーションの成分を比較してみましょう。

ニキビ肌さんにやさしいのは?

ニキビで困っている方にピッタリなファンデーションは?選び方のポイントを基に紹介します。

カバー力で選ぶ

毛穴、シミ、そばかすをしっかり隠してほしい!カバー力があるファンデーションは?

コスパで選ぶ

ファンデーションは毎日使うものだからこそ、価格よりもコストパフォーマンスが重要です。

肌質で選ぶ!敏感肌用ミネラルファンデーション

ミネラルファンデーションは、基本的に肌質問わず使えますが、各ファンデーションごとに合う肌質があります。肌質にあったものを使うことで、化粧崩れや感想を防ぐことができますよ。

オイリー肌向け

オイリー肌は、皮脂が原因でテカったり崩れたりします。皮脂を吸って肌に密着するレイチェルワインは、悩みの種の皮脂を、長所に変えてくれるファンデーションで、オイリー肌に合っています。
レイチェルワインの詳細はこちら

混合肌向け

Tゾーンはテカり、頬は乾燥してしまうような混合肌はコントロールが難しいです。エトヴォスなら、下地が皮脂の状態をうまくコントロールしてくれるので、テカったり乾燥したりしません。
エトヴォスの詳細はこちら

乾燥肌向け

冬場は粉を吹いてしまうような乾燥肌さんには、保湿成分の入ったトゥベールのミネラルパウダリーファンデーションがおすすめです。保湿成分のパワーで付けている間は乾燥しません。
ミネラルパウダリーファンデの詳細はこちら


ミネラルファンデーションを使っているのに肌が荒れてしまいました


ミネラルファンデーションを使い続けていると、肌が荒れてくることがあるのです。それには、意外なところに原因があります。

アレルギー肌と敏感肌、どう違うの?



敏感肌とアレルギー肌は、似ているようで実は違うのです。どのように違うのでしょうか?

当サイトでは、敏感肌用のファンデーションの選び方のポイントと、それを踏まえたおすすめのファンデーションを紹介しています。敏感肌で化粧品によって肌が荒れたり、ニキビができたりしてしまうなら、原因となる刺激物が入っていないファンデーションを選ぶのが一番です。でも刺激物とはなんなのか?代表的なのは、オイル、タルク、シリコン、合成界面活性剤、その他ケミカル成分です。敏感肌なら、化学成分の入っていない、自然の成分だけでできたものを使うのが一番確実です。でも、そんなものはなかなかありません。低刺激と言われている某アトピー用の化粧品にも化学成分が含まれています。

そこで目を付けたのがミネラルファンデーションです。ミネラルファンデーションもいろいろありますので、すべてがいいわけではありませんが、ミネラル100%、もしくはミネラル純度の高いものを使うことで、ずいぶんと肌トラブルが避けられます。ただし、ものによっては体質に合わないものもありますので、まずはお試し用、もしくは返金保証つきの商品を使ってみるのがいいですよ。当サイトでは、ミネラル純度の高いファンデーションを、成分を基に比較し、トライアルセットも実際に使用してみて、おすすめのものを紹介しています。

Copyright © ≪敏感肌用≫ファンデーション〜もう荒れたくないなら〜 All rights reserved