Home>敏感肌とアレルギー肌の違い

敏感肌とアレルギー肌 何が違うの?

敏感肌とアレルギー肌って同じではないのでしょうか?何がどう違うのですか?

敏感肌とアレルギー肌はまったく違うものです。化粧品などで肌が荒れた経験がある方は、自分がどちらに当てはまるのかを確認しておいたほうがいいですよ。

【敏感肌】
肌の表面の『角質』が薄く、皮膚の下の組織に、成分や刺激などが触れやすくなってしまっている肌のことです。角質が薄いからピリピリしたり、荒れやすかったりするんです。
角質が薄くなっている原因は、人によりけりです。生まれつきの方もいれば、洗顔やクレンジングのしすぎ、痒いからと掻いてしまうと角質が薄くなる、など・・・
体は何を塗っても平気なのに、顔だけダメ、と言う方は敏感肌にあたります。

【アレルギー肌】
ある特定の物質(アレルゲン)に対して、体が反応し、どの部分であろうと、その物質が触れただけで、荒れたり湿疹が出来たりする肌のことです。
アレルゲンさえ避けていれば、何を塗っても大丈夫なので、自分が何に反応してしまうのかを確認しておきましょう。病院の血液検査でもわかります。
何がアレルゲンか分かったら、成分を確認して、アレルゲンが入っていないものを選んでください。