Home>ニキビ肌用

ニキビ肌用ファンデーション どうやって選べばいい?

にきびって一度出来ると、治るまで時間がかかって厄介ですよね。ニキビの上からは、ファンデーションは塗らないほうが良いです。でも、どうしても隠したい時ってありますよね。
ニキビが出来やすい方でも安心で、ニキビの上から塗っても大丈夫なファンデーションの選び方をレクチャーします。
オイルフリーのもの

ニキビの原因は、脂。毛穴が角栓で詰まって皮脂が出て行けず、炎症を起こしてニキビになります。オイルも脂です。ですから、ニキビを悪化させる可能性もありますので、避けたほうがいいです。

ノンコメドジェニック

ノンコメドジェニックテストは、毛穴を防ぐ原因のコメド(角栓)が、ファンデーションが原因で出来ないかを調べるテストです。ニキビが出来やすいなら、ノンコメドジェニックテスト済みのものを選びましょう。

ブラシ

ブラシによる刺激は出来るだけ少ないほうがいいです。また、洗わずにおくと雑菌が繁殖して、肌トラブルやニキビ悪化につながります。刺激が少なく、気にせずガンガン洗える人工毛のブラシを選びましょう。

ニキビ肌用ファンデーション ポイントで比較

ファンデーション オイルフリー ノンコメド
ジェニックテスト
ブラシ

OM
フリー 人工毛
トゥベール フリー 人工毛
RW フリー 人工毛
エトヴォス フリー 人工毛
メイベリン フリー ヤギ毛

にきびでもOK ファンデーションランキング

オンリーミネラル
オンリーミネラル

にきび肌さんにダントツでおすすめ

ニキビが出来やすいなら、やっぱりオンリーミネラルが一番安心です。ノンコメドジェニックテストもしてありますし、最低限のミネラルしか使っていないので、にきびの原因になりません。
オンリーミネラルには、ニキビの上から塗るためのコンシーラーもあるので、どうしても隠したいときには使ってみてくださいね。

メイベリン ミネラルファンデーション
メイベリン"

ブラシだけ変えればニキビ肌でもOK

メイベリンのピュアミネラルも、ミネラル100%でノンコメドジェニックテスト済み。粉の量の調整が難しいですが、ニキビの上から塗っても大丈夫です。
ただ、付属のブラシはヤギ毛で、にきび肌さんには不向きなので、別の人工毛のブラシを使うようにしてください。

エトヴォス
エトヴォス

美容外科でも採用されるファンデーション

ノンコメドジェニックテストはされていませんが、オイルフリーで、美容外科でも採用されているファンデーションなので、すでにこれをもっている方や、上の二つは合わなかった、というニキビ肌さんはこれがいいと思います。
下地を使うなら、エンリッチプライマーがお勧めです。

トゥヴェールのミネラルファンデーションは、口コミでもとにかく「カバー力がある」といわれています。カバー力があるだけでなく、保湿効果や肌のキメを整える17種類の美容成分が含まれています。まるでBBクリームのようなミネラルファンデーションです。日本製ですので、BBクリームのようなべたつきはありません。 ミネラル100%で酸化チタンもきちんとコーティングされていますし、シリコン系のケミカル成分は使っていないので、肌質を選ばずに使うことが出来ます。長時間つけていても肌に優しく、つけている間もスキンケアが出来るファンデーションです。ちなみに、コーティングしていない酸化チタンが入った化粧品は、活性酸素という、肌をさびさせる(しみやしわの原因となる)ものを発生させてしまうので、注意してくださいね。 厚ぼったくならず、自然なしあがりで、毛穴レスのつるんとした肌になれます。プレストタイプで持ち運びにも便利ですし、長時間つけていても平気なので、旅行などには本当にぴったりですね。